September 25, 2022
Trending Tags

スポーツをすることは体にいいとよく言われますよね!健康のために、定期的にスポーツをしているという人も多いことでしょう。

では、ゴルフをすることでどのような効果を得ることができるのでしょうか?この記事は、ゴルフをプレイすることで得られる、健康への影響を紹介します。

最近健康に気を遣えてないかも?という方は、ぜひこの記事を参考にしてみて下さいね。

運動不足の解消

ゴルフは激しく体を動かすスポーツではないので、あまり運動というイメージがないかもしれません。しかし、ゴルフをコースでプレイした場合、かなりのウォーキングとなります。

ゴルフ場は1ラウンド約5.7kmとされており、7,600歩ほど歩くこととなります。そのため、1ラウンドを回るだけで、1万歩を簡単に達成することができるのです。

そのため、ゆっくりと楽しむゴルフであってもたくさん歩くことになるので、日ごろの運動不足を解消することができるのです。

日ごろ1万歩を歩くとなると大変ですが、ゴルフを1ラウンドプレイするだけで達成できるのであれば、簡単ですよね!

早寝早起きの習慣化

健康的な体を手に入れるには、早寝早起きが重要です。ゴルフをプレイする場合、朝が早いのが特徴です。コンペで郊外のゴルフ場に行くことも多く、朝の5時ごろに起きるということも多いことでしょう。

そして、1日中外でプレイすることで体も疲れるので、寝る時間も自然と早くなるはずです。

そのため、ゴルフを日常的にプレイすることで早寝早起きが習慣化しやすくなるのです。

早寝早起きでしっかりと睡眠をとれば免疫力もしっかりとつくので、風邪をひきにくい健康な体を手に入れることができます。

骨を丈夫にする

ゴルフは1日外でプレイするスポーツです。そのため、日光をたくさん浴びることができます。太陽の光を十分に浴びることで、体の中でビタミンDが生成されます。そして、骨が接種したカルシウムを吸収するサポートをしてくれるのです。

これによって、骨が丈夫になり、骨折などがしにくい健康な体を作ることができるのです。年齢を重ねると骨密度が低くなり、ちょっとしたことでも骨折のリスクがたかくなりますよね。

そのため、ゴルフをプレイして頑丈な骨を手に入れましょう。

認知症の予防

あまり知られていませんが、ゴルフには認知症を予防する効果があります。というのも、ゴルフには脳の司令塔として機能している前頭葉を活性化する効果があるからです。

ゴルフはよく頭を使うスポーツであり、スイングの際に頭の中で理想のスイングをイメージしたり、芝の状況や風の影響を考えたりなど、頭を使うシーンが多くあります。

そのため、1日ゴルフをプレイするだけでかなりの脳トレーニングとなり、脳の活性化につながるのです。

退職をした後など、仕事をしていないと脳を使う機会が一気に減ってしまいますよね。普段あまり考えることが少ないという方は、脳のトレーニングとしてゴルフをプレイしてみるのもいいでしょう。

Previous post フィットネスアプリ厳選10選の紹介
Next post フィットした体を保つために提案するVRゲーム4選