December 8, 2021
Trending Tags

オフィスで簡単にできるエクササイズの紹介

さて、今回はいくつかオフィスで出来る簡単なエクササイズ、長時間の仕事で疲れた身体を解消する方法をこちらでシェアしていきたいと思います。2つほど紹介させていただき、最後には本当に簡単にオフィスワーク中の疲れをほぐすツールを紹介したいと思います。紹介するふたつのエクササイズは椅子に腰掛けた状態でも出来るエクササイズになっています。仕事中でも会議中でも時と場合によっては出来そうなものですね。 太ももをリラックスさせるためのエクササイズ 女性であれば誰しも常に美脚を保っていたいと思うものですよね。そんな願いをかなえてくれるようなエクササイズとなっています。まずは、椅子に座った状態で、背もたれから背中を離し、腰を立てて引き上げるように、猫背にならない状態を保ってください。両脚の膝には小さな握りこぶしが1つ入るぐらいのすき間を作ってください。そして、膝と内ももがピッタリすい付くようなイメージで引き寄せてください。この状態のまま7秒キープしてください。それが終わったら、最初の状態に戻してください。力を抜いても背中はピンと真っすぐの状態をキープしてください。これを数回繰り返しましょう。 お腹のエクササイズ お腹の贅肉が気になる方へ、そしてたとえオフィスワークが長くても、お腹を美しく保っていたいという方には必見のエクササイズです。まずは、椅子に浅めに座ってください。先ほどのエクササイズ同様、上半身は猫背にならず、しっかり腰を立てて座ってください。そして、両膝をそろえて直角に曲げて、10cmほど床から浮かしてください。上体が丸くならないように、腹筋にしっかり力を入れてください。さらに、両脚を前に伸ばし、右脚と左脚が交互に上下するように動かしてください。腹筋で脚の重さを支えるようにするとやりやすいです。10回ぐらいを目安に繰り返すと良いでしょう。 エクササイズが簡単に出来る便利グッズ 最後にオフィスにいながらでも使える便利なエクササイズグッズを簡単に紹介したいと思います。やはり長時間座って仕事をすることを考えると、腰まわりがきになりますよね。東急ハンズなどに行くと、クッションなども手に入りますし、思い切ってオフィスでバランスボールを椅子替わりになんていう発想も良いかもしれません。意外と良い姿勢を保つコツになるかもしれませんね。では、色々と試して感想を聞かせていただけると嬉しいです。

新型コロナウィルスのゴルフへの影響

新型コロナウィルスが世界中で流行し、多くのビジネスが影響を受けました。多くのスポーツも影響を受け、大会が中止になってしまったり、試合が無観客で開催されたりなど、大きな変化がありました。もちろんゴルフも例外ではありません。 この記事では、新型コロナウィルスがゴルフにどのように影響を与えたのかを紹介します。 多くの試合が中心 新型コロナウィルスが流行したことにより、多くのゴルフの大会が中止になりました。 日本ゴルフ協会(JGA)は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、2020年6月時点で、2020年度の開催を予定していた主催のアマチュアゴルフ選手権全競技(予選を含む)の中止を発表しました。 これにより、2020年10月以降の開催を予定していた「日本男女アマチュアゴルフ選手権」も中止となりました。日本女子アマの中止は大会史上初のことであり、日本アマの中止は大会史上3度目となりました。これらの他にも、地域規模の大会やゴルフ関連イベントも、次々と中止を強いられました。 このように新型コロナウィルスの影響により、多くのイベントが中心なってしまったのです。 2021年7月現在でも通常通りの大会を開催することができず、イベントの中止が相次いでいます。 ゴルフ場の倒産 新型コロナウィルスのパンデミックによりこれまで通り営業ができなくなってしまい、多くのゴルフ場が厳しい状況に追い込まれました。 信用調査会社が公表した2020年のゴルフ場の倒産状況によると10月までは1件(小川カントリークラブ)にとどまっていましたが、11月に入って2件が表面化。 ここ数年でゴルフ場は高齢化に伴う利用者の減少が続いていました。つまり、新型コロナウィルスが流行する前から、すでに厳しい経営環境下に置かれていたのです。その状態で新型コロナウィルスの影響を受けてしまったため、倒産するゴルフ場が出てしまったのです。 また、倒産はしなかったものの、建設業の守谷商会は2020年11に、ゴルフ場を運営する子会社の菅平峰の原グリーン開発を特別清算手続きにより清算すると発表。 ゴルフ事業を譲り渡す新会社を設立し、新会社の全株式をゴルフ場やホテル、倉庫などを運営するノザワワールドに譲渡することとしたのです。 このように、多くの企業が厳しい選択を迫られました。 しかし、2021年4月以降になってからは、パンデミックが続く中でも少しずつ売り上げが戻りつつあります。 ゴルフ場での感染対策 新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、各ゴルフ場でも感染対策を行っています。 その例は以下の通りです。 ・ゴルファーやゴルフ場従業員とソーシャルディスタンスを保つ ・ゴルフカートの利用は1台2名まで。またマスクの着用が必須 ・ドライビングレンジ、パッティンググリーン、チッピンググリーン、練習バンカーの同時利用は、10人以下 ・グリーンでは一人ずつカップインまで連続でのプレーを推奨 ・各ホールのピンフラッグや他のゴルファーのクラブを触ってはいけない ・ゴルフ場の利用には予約が必須...

日本国内で一度は行ってみたい最も美しい10の場所

今回はコロナのこの状況が少しでも落ち着いて、見通しがついた時に、是非行ってみたい日本国内の美しい場所を紹介したいと思います。もしかしたら、もうすでに皆さんも行かれたことがあるかもしれませんが、是非読んでみてくださいね。 岐阜県 白川郷の合掌造り はじめは、岐阜県にあります、白川郷の合掌造りの家屋です。こちらは言わずもがな、とても有名な観光地ですね。夏の風景も良いですが、何よりも冬に雪に覆われた景色があまりにも有名です。 山口県 角島大橋 次に紹介するのは、山口県にある角島大橋です。山口県で橋と言えば錦帯橋も有名だと思いますが、こちらはコバルトブルーの海にかかる前兆1,780メールという日本屈指の橋。堪能したいですね。 北海道 雲海テラス 誰しもが雲の上の空間を一度は味わってみたいと思うものですよね。北海道トマムにある雲海テラスがおすすめです。標高が高いこの雲海スポットは気象条件が合えば、素晴らしい景色に出会えます。 Kentaro Ohno, CC BY 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by/2.0, via Wikimedia Commons 北海道 青い池 またも北海道ですが、美瑛には青い池があります。美瑛ブルーとよばれるこの美しさとカラマツのコントラストがたまりません。 青森県 奥入瀬渓流 少し南下しまして、青森県にある奥入瀬渓流はいかがでしょうか。ここは春夏秋冬、季節ごとに本当にそれぞれ異なる良さを出してくれる自然豊かな空間となっています。温泉も近くにありますよ。 長野県 八方池 まだまだ水シリーズが続きますが、長野県安曇野にある八方池もとてもおススメです。天気が良い時には白山三山が池に映って、とても幻想的な風景を感じることが出来ます。 長野県 八ヶ岳 長野県八ヶ岳の北にはたくさんの苔が織りなす森を見ることが出来ます。なんだか神秘的ですよね。そこまで知られていないかと思いますが、ハイキングをしながらでも楽しめますね。 TAKAO_Tsushima,...

忙しい方におすすめの運動

毎日仕事や勉強で忙しくて運動する時間がない、という方も多いのではないでしょうか?しかし、運動を全くしないでいると体がなまってしまい、生活習慣病などの病気のリスクが高くなってしまいます。そのため、忙しい日々の中でも体を動かすことが大切です。そこでこの記事では、忙しい方におすすめの運動を紹介します。 階段を使用する 普段忙しくて運動する時間がないのであれば、日常のどのシーンで運動ができるのかを考えるのが大切です。 例えば、日常生活では階段を使用するのはどうでしょうか?エレベーターを使用する代わりに階段を使用すれば、それだけで運動になります。 毎日階段を上り下りしていれば、少しずつ筋肉がつきますし、心肺機能もアップします。 慣れてきたら1段飛ばしで負荷を上げるのもおすすめです。 ウォーキング 毎日の通勤の際に、一駅手前で降りてウォーキングをするのもいいでしょう。朝の通勤時にウォーキングをしている女性は意外と多く、中には2駅分を歩く、という方もいます。 朝は忙しいですが、いつもより少し早く起きてウォーキングをすることで、朝からとても気持ちがいいはずです。朝であればそこまで気温も高くないので、汗をかかずにウォーキングをすることができるでしょう。 ホットヨガ 女性から人気を集めているのがホットヨガです。ホットヨガはダイエット目的で行っている女性がほとんどですが、ホットヨガでは汗をかくため、運動としての効果も得ることができます。 また、ホットヨガに通ってから肩こりがなくなった、おなか周りがやせた、冷え性が解消した、などたくさんの効果を得ることができます。 ストレッチ 激しい運動は好きではない、時間がない、という方は寝る前にストレッチをするのはいかがでしょうか? ストレッチをすることで血流がよくなるので、運動に似た効果を得ることができます。また、ストレッチでは体が柔らかなくなるので、けがをしにくくなります。 寝る前以外にも、仕事の休憩中にふくらはぎを伸ばしたり、屈伸をしたりなど、隙間時間を利用してストレッチをすることができます。 お腹をへこませる いつでもどこでもできるエクササイズがお腹をへこませるということです。歩いているときや座っている時、立っている時などに、背筋を伸ばしてお腹をへこませることで、背中・腰・お腹など複数の筋肉を鍛えることができます。特に普段猫背気味の方は少し姿勢を意識するだけで、いい運動になりますよ! 姿勢をよくすると血流もよくなりますし、周りからも印象もよくなるはずです。 速足で歩く 普段歩く際にも、大股で少し速足を意識してみましょう。そうすると、ただのウォーキングとは違う筋肉を使い、脂肪の燃焼効果も異なります。 速足で30分ほど歩くだけで有酸素運動となり、血流が促進されます。 忙しいからこそ早歩きをして、短時間でエクササイズをするようにしましょう。

プロのようにゴルフをプレイする方法

日本では接待にも使用されることが多いゴルフ。ゴルフはお金持ちのスポーツとしても知られているため、プロのようにプレイすることができればうれしいですよね。 そこでこの記事では、本格的にゴルフをプレイするための方法を紹介します。ゴルフ初心者の方も、これからプロを目指したい方も、ぜひ参考にしてくださいね! ゴルフレッスンを受ける 自分でゴルフを練習するのもいいですが、より簡単に早くプロのようにプレイできるようになりたいのであれば、ゴルフレッスンを受けるのがおすすめです。 ゴルフレッスンを受ければ、多くのスキルを身に付けることができますし、インストラクターからフィードバックをもらうことができます。そのため、ある程度ゴルフ経験がある方でも、改めてレッスンを受けると、学ぶことが多くあることでしょう。 ゴルフレッスンを受ける際には、友達や家族などから評判のいいインストラクターがいる場所を選ぶのがおすすめです。 頻繁にゴルフコースへ行く ゴルフのスキルを高めるために練習場に行くのもいいですが、プロのようにプレイしたいのであれば実際にコースに行ってプレイする必要があります。 コースで練習することで、より実践的なスキルを身に付けることができます。 まずは週に10時間はコースで練習することから始めましょう。可能であれば、20時間まで練習時間を増やすことで、短期間で上達することができます。 社会人で仕事をしているとなかなか難しいかもしれませんが、日常的にゴルフをプレイする習慣をつけることが大切です。 メンタルスキルを身に付ける プロのゴルフ選手はメンタルもしっかりと鍛えています。プロを目指したいのであれば、感情に左右されずに、いつでも冷静にプレイする必要があります。また、ゴルフにおいては集中力も非常に重要です。 ミスをした時でも落ち込まないだけの、メンタルの強さが求められるでしょう。メンタルを強くするには実戦経験を積むことや、自分の実力に自信を持つことが大切です。 トーナメントに参加する ゴルフではアマチュア向けのトーナメントが頻繁に開催されています。これらの参加することで、自分の実力を知ることができます。 また、実際にトーナメントに参加することで、普段は気づかないような自分の弱点に気が付くこともできるでしょう。 トーナメントに参加すれば、ゴルフ仲間を作ることもできます。一緒に練習する仲間がいれば、よりモチベーションを高めることが可能です。 トーナメントに参加することには多くのメリットがあるので、ある程度の実力を身に付けたら積極的に参加してみるようにしましょう。 プロ向けのゴルフ用品を揃える プロを目指したいのであれば、道具もそれなりのものを揃えなければいけません。 特にクラブは安いものから、かなり高いものまで値段の幅が広く、そのクオリティにも大きな差があります。 初心者だと値段が安いものを購入してしまいがちですが、より本格的にゴルフをプレイしたいであれば、ある程度の値段のクラブを購入することをおすすめします。 日本の老舗のゴルフメーカーといえば、ダンロップ、ブリジストンスポーツ、ヤマハゴルフ、ミズノ、ホンマゴルフなどがあります。これらのメーカーであれば高品質なプロ向けのゴルフ用品を扱っているのでおすすめです。

これから注目の国内ゴルフトーナメントについての案内

9月以降に開催予定の、今後注目していただきたいゴルフトーナメントのご紹介をしたいと思います。普段からこのサイトでは女子ゴルファーに焦点を当てていますので、女子のトーナメントに限ってアナウンスしていきたいと思います。お伝えできる量にも限りがあるので、今回は3つの大会に絞って概要や特徴をお伝えしたいと思います。 ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント オリンピック・パラリンピックも落ち着いた後での最初の大会は、ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメントになります。こちらは三重県四日市での開催になります。ゴルフ5カントリー四日市コースにて9月3日から5日までの予定です。大会の様子はBSテレ東での放映も予定されていますが、youtubeからでもライブで見ることが出来るようです。前回行われた第25回大会は大会史上初の無観客での開催でしたが、小祝さくらが優勝するにいたり、ライブ配信などで多くのギャラリーにも見守られたおかげで良い大会となりました。今年の出場者はまだ分かりませんが、多くの参加が見込まれているので、また盛り上がることと思います。 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 次にご紹介する大会は、日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯です。こちらは茨城県にある静ヒルズカントリークラブでの開催となり、期間は9月9日から12日までです。今年は138人の参加が予定されています。こちらの大会は歴史があり、最多優勝者は9回優勝の樋口久子です。素晴らしいですね。さて、他にも昨年はイミニョンがホールインワンを記録して永峰咲希が優勝するなど盛り上がりました。今年度もこの公式戦が大いに盛り上がることを期待したいと思います。 住友生命Vitalityレディス東海クラシック さて最後は、住友生命Vitalityレディス東海クラシックの紹介になります。今大会から住友生命保険が特別協賛に入ることになります。1970年に初開催され、2021年大会で第52回の開催を迎える本大会は、過去に樋口久子、岡本綾子、渋野日向子、古江彩佳などの錚々たる名選手が優勝を飾った、女子プロゴルフトーナメントの中でも歴史のある大会です。ですので、これを見逃すことはできませんね。期間は9月17日から19日まで愛知県の新南愛知カントリークラブ美浜コースで開催されます。決勝ラウンドである最終日には東海テレビと全国ネットでフジテレビでの放映が予定されています。そちらで応援されると良いかもしれませんね。出場予定の選手は108人で、プロの部門のほかにアマチュアの出場もある大会です。 最後に ここまでいかがでしたでしょうか。オリンピックも無観客開催のなか、益々映像配信でのゴルフの楽しみ方も割と普通になるつつあるという感じがします。皆様も、感染対策のためにライブ配信など、現地に足を運ばなくても楽しめる楽しみ方を選んで観戦していただければ嬉しいです。

心臓にいいスポーツとは?

スポーツは健康にいいとされています。筋肉を維持することがてきたり、脳を活性化することができたり、スポーツをすることにはたくさんのメリットがあります。 また、スポーツは心臓に対してもプラスの効果があることがわかっています。 そこでこの記事では、スポーツと心臓の関連性について解説してきます。運動不足が心配かも?という方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね! 心臓への影響 まずは、スポーツをすることによってどのような心臓への影響があるのかを見ていきましょう。 血管の拡張・血圧の低下 スポーツの心臓への影響としてまず挙げられるのが、血管の拡張・血圧の低下です。スポーツをして体を動かすと、心拍数が増えて血流が促進されます。そうすると、一酸化窒素が分泌されます。この一酸化窒素には、筋肉を弛緩させ血管を広がらせる働きがあります。これにより、血圧が下がるのです。 血圧が下がるということは心臓への負担が減るということなので、健康にいいといえるのです。 血圧が高い方などは、心臓への負担を減らすために薬を飲んだり、減塩したりなどする必要がありますよね。スポーツではこれらと同じように、血圧を下げることができるのです。薬に頼りたくないという方は、積極的にスポーツをして、血圧を下げるのがいいでしょう。 血液凝固性の低下 血液が固まりやすいと血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。そこで、それを防いでくれるのがスポーツです。 スポーツをすると副交感神経が働き、血液を固める血小板の働きが抑えられます。そのため、血栓ができにくくなり、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを下げることができるのです。 動脈硬化の予防 動脈硬化の原因となるものは、悪玉のLDLコレステロールです。LDLコレステロールが血管の中にコブを作ることで、動脈硬化の原因となります。しかし、運動をするとLDLコレステロールを回収することができる善玉のHDLコレステロールが増えます。これによって、コブを作ることを防ぎ、動脈硬化の予防となるのです。 心臓にいいスポーツとは? 特別このスポーツが心臓にいい、というものはありません。体を動かすものであれば、どのスポーツでも心臓にいい効果があります。 18歳~64歳の方であれば、サッカーやテニス、野球など少し汗を流すようなスポーツをするのもいいでしょう。目安としては、一日1時間、汗をかくような運動をすることが推奨されています。毎朝ランニングするなど、習慣化するといいでしょう。 一方で65歳以上の方であれば、無理のないようにウォーキングやストレッチ、ゲートボールなどのゆっくりと楽しめるスポーツをすることをおすすめします。時間としては、1日40分ほど、体を動かす習慣を身に付けるのがいいでしょう。 激しいスポーツには注意 スポーツは心臓にいいとされています。しかし、いきなり激しいスポーツをすることによって、急激に心拍数が上がり突然死をするケースも報告されています。 心臓突然死は、年齢とともに増加していき、高齢の方の激しいスポーツにはリスクが伴います。 そのため、スポーツをする際には無理のない程度にすることが大切です。

ゴルフでの賭け方ー初心者ガイド

最近人気を集めているスポーツベッティング。スポーツベッティングでは世界中のスポーツの結果に対して賭けることができます。スポーツベッティングの他に、オンラインギャンブルも非常に人気があり、人々はカジ旅初回入金ボーナスを使ってオンラインで自由な時間をギャンブルに費やすのが好きです。 もちろんゴルフも賭けの対象となります。 そこでこの記事では、スポーツベッティングにおけるゴルフについて紹介します。  ブックメーカーで賭けられるゴルフの大会 スポーツベッティングをするためには、ブックメーカーと呼ばれるウェブサイトに登録する必要があります ブックメーカーでは、世界中のゴルフの大会が扱われています。 四大大会である全英オープン、全豪オープン、全米プロゴルフ選手権、マスターズ・トーナメントはもちろんのこと、ANAインスピレーション、全米女子プロゴルフ選手権、全米女子オープン、全英女子オープン、エビアン選手権などにも賭けることができます。 ゴルフを観戦するのもいいですが、ベットをすればよりハラハラドキドキしながら試合を楽しむことができますよね! ブックメーカーに登録すれば、世界中の大会に簡単にベットすることができるので、新しいゴルフの楽しみ方として非常におすすめです!  ゴルフへの賭け方 ゴルフに賭ける際には、単純に大会の優勝者を予想する以外にも、いろいろなベットの仕方があります。どれにベットするかによって、予想が的中した際の配当も異なります。 そのため、どれくらい稼ぎたいか、どれくらいリスクを取りたいかによって、好きなものにベットするのがいでしょう。 ゴルフでは以下の賭け方があります。  To Win Outright これは優勝予想です。最も基本的な賭け方なので、初心者にもおすすめです。  Margin Of Victory 優勝者が2位と何打差かを予想します。  Top 5 Finish 5位以内に入る選手を予想します。...

コロナ禍での旅行はいかに可能か

皆さん、世間では自粛疲れの声もあちこちから聞こえます。旅行好きにはまさに厳しい時期ですね。国内であっても感染者の増加によっては、例えば大都市圏である東京や大阪から田舎に行くようなルートは避けたほうが良いかもしれませんね。 旅行とコロナは正直難しい 本当にコロナは難しい問題です。ワクチン接種も進んではいますが、様々な議論があり、ワクチンを打ったからと言って、全く感染しないという保証もないですし、残念なことに他人にもうつさないという決定的なことが言えないのが現状です。ですから、専門家でもない個人的な見解で申し訳ないですが、旅行はこういう事実も理解してこそ決定する必要があるのかもしれません。これについては、特にたとえ国外渡航先がワクチン接種により隔離措置を免除している場合も同じことが言えると思います。常にリスクはあるということを覚えておく必要があるのかもしれません。 常に自己責任での行動を 国内旅行であれば、時期を良く見定めて、なるべく密にならない移動手段を選んで、密にならない旅先を選ぶことが先決かなと思います。私も含め旅が好きな人はたくさんいるとは思いますが、やはりここはまだ少し我慢の時なのではないでしょうか。コロナの特性上、リスクゼロがあり得ないことなので、常に自己責任での行動が求められるのかもしれません。 海外旅行の可能性 日本から海外に行く場合ですが、昨年度は例えば緊急性が無い場合の渡航やビザなしでの渡航が無効となっていた国や時期がありました。しかし、今は日本から海外に渡航する場合は、少しずつ規制が緩和されているのも特徴です。ですから、理論的には海外旅行が可能なのです。もちろん感染症に関しては全て自己責任ですが。 海外で有効のワクチンパスポート 日本政府も最近ワクチンパスポートの発行も積極的になってきています。現在日本のワクチンパスポートの認知率も少しずつではありますが上がってきているということで、常時外務省のページにてどの国において有効か情報が更新されていますので、そちらでご確認ください。現時点では、ヨーロッパでの認知率が上がってきている印象で、例えばイタリアやオーストリア、ドイツなどがその対象です。またワクチン関連にとどまらず、PCRテストや抗原検査の結果で海外渡航ができる場所は増えています。 EUでのやり方 この点では例えばEUにおいてはもう少し進んだやり方をしている気がします。現在EU各国ではそれぞれの国がこのワクチンパスポートに変わるものを用意していて、実際これがあればEU圏内であれば、特にとがめられることもなく、旅行を続けられるようです。ただ、各国の状況によってはまた条件が微妙に変わったりする可能性がありますので、注意が必要です。 最後に コロナの終息はなかなか見込めませんが、旅行好きの皆さんには私も含めて、気落ちせずに、明るい未来が待っているという気持ちで先に進んでいきたいですね。希望を持ちましょう。

スポーツで長生きする方法

長生きをするためには日ごろの習慣や食生活が大事ですが、スポーツも非常に重要です。スポーツをすることで健康を保つことができ、長く健康に生きることができます。 そこでこの記事では、スポーツの健康への影響について紹介します。最近運動不足かも?と思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね! 生活習慣病の予防 まず最初に挙げることができるのが、生活習慣病の予防です。スポーツをすることで、食事から摂取したエネルギーと、運動で消費したエネルギーのバランスが良くなります。 つまり、食べた分を消化することで、余計にエネルギーを摂取しすぎるということがなくなるのです。 運動をせずにエネルギーをとりすぎてしまうと、それらは脂肪として体に蓄えられます。これが長い間継続されてしまうと肥満の原因となります。そして、その肥満がさらに糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病につながってしまいます。そのため、食べた分は運動で消費することが大切です。 筋肉や体の機能の維持 日ごろ運動をしないと、体がどんどんなまっていってしまいます。例えば、1週間ほど風邪をひいて全く動かない期間があると、体がいつも通りに動かせなくなってしまったり、疲れやすくなったりすることがあるでしょう。 歳を取ってまったく運動していないと、体が思うように動かなくなってしまうのです。 筋肉や体の機能の維持をするためには、ウォーキングだけでも十分です。毎日歩くだけで腿四頭筋(大腿直筋・広筋)、大腿二頭筋、前頸骨筋、下腿三頭筋など多くの筋肉が刺激されるので、体が怠けることを防ぐことができます。 また、体の筋肉をしっかりと維持することで、バランス能力、心肺機能を維持することもできます。 筋肉量は年齢と共に減少してしまいます。そのため、年齢を重ねれば重ねるほど、筋肉を維持するために、日常的に運動をする必要があるのです。 脳の活性化 運動には体を鍛えるだけではなく、脳を活性化させる効果もあります。 運動をすると血行が良くなり、脳に多くの酸素が運ばれます。そうすると、脳細胞が増えて、結果的に脳が活性化されることになるのです。 これまで運動と脳の活性化については多くの研究が行われており、有酸素運動を続けたことで海馬の容量が大きくなる、有酸素運動が脳のなかで新しい神経細胞を生み出す、ということもわかっています。 そのため、定期的に運動をすることで、ボケ防止になるのです。 また、運動をすることで「セロトニン」というホルモンが分泌されて幸福度が高くなります。また、「ガンマアミノ酸(GABA)」が分泌されることで、不安感が解消されるというデータもあります。これらの効果によって、ストレスへの抵抗力がつき、うつ病を防ぐことにつながるのです。 長生きをするためには、体の健康を維持することも大切ですが、脳、心の健康を維持することも大切です。ただ体を動かすだけではなく、気持ちをリフレッシュする目的で、スポーツをするのもいいでしょう。 健康になるにはどれくらい運動をすればいいの? では、健康な体を維持するためには、どれくらいの量の運動をすればいいのでしょうか? 必要な運動量は人によって異なりますが、まずは1日10分歩くことから始めるのがいいでしょう。 運動量を急に増やしても、継続することができなければ健康にはつながりません。そのため、まずは10分など簡単な目標を設定し、挫折せずに長く継続できるようにしましょう。 そして、慣れてきたら1日1万歩、などと運動量を増やしていくのがいいでしょう。 また、ウォーキング以外にも、ランニング、サッカー、野球、テニスなど息がはずむような運動を30分以上、週2回行うことも推奨されています。スポーツが好きという方は、これらの少し激しいスポーツをして、健康を維持するのもいいでしょう。