July 6, 2022
Trending Tags

家にいる時間が長くなる昨今、皆さんは普段どのように家で過ごしているでしょうか。人と直接会うのに躊躇する今の社会ではメディアやインターネットに触れる機会がコロナ前よりも増えていたりしませんか。今回は、そんな方々のためにもお役に立てそうな、スポーツが好きな方には必見のドキュメンタリーを選んでみましたので紹介していきます。ただ、NETFLIXでの鑑賞になるので、お持ちでない方はこの機会に是非登録してみてはいかがでしょうか。

ラスト・チャンス

さて、最初のドキュメンタリーですが、「ラスト・チャンス」はいかがでしょうか。アメリカの大学を舞台にしたアメフト版の「ルーキーズ」のような作品です。不良だった学生たちがアメフトでまとまっていく、そんな感動があります。

栄光のチーム・ユヴェントス

次に、「栄光のチーム・ユヴェントス」も魅力です。イタリアのプロサッカーチームの話になります。ユヴェントスのことはサッカーファンなら知っている方も多いのではないでしょうか。

魔球シンカー:王建民物語

「魔球シンカー:王建民物語」はその名の通り王選手を描くドキュメンタリーです。野球好きのかたもそうでない方も、この方はアメリカ、メジャーリーグでアジア人初の最多勝を飾るなど、歴史を語る上で重要な人物です。

極限との闘いシリーズ

「極限との闘いシリーズ」も必見かもしれません。特定の人気競技ではないですが、命がけのチャレンジをするようなアスリートたちの熱い闘い、まさに自分と自然との闘いを描いた物語です。

ゲームチェンジャー: スポーツ栄養学の真実

次に語る「ゲームチェンジャー: スポーツ栄養学の真実」は上記までのシリーズとは少し違いまして、アスリートと食事に焦点をあてるドキュメンタリーになっています。アスリートにとって大事な食や栄養を考えた新しい展開があります。

バスケがすべて

「バスケがすべて」はインディアンたちが通う高校でバスケを熱くプレーする若者を追ったドキュメンタリーです。インディアンの文化にも触れられて興味深い内容となっています。

サンダーランドこそ我が人生

またサッカーものになりますが、「サンダーランドこそ我が人生」も必見でしょう。こちらはイングランドのプロサッカーの1部から降格されたチームに、またそこから這い上がる様子をファンとのやり取りも交えて構成しています。

コナー・マクレガー:ノートリアス

「コナー・マクレガー:ノートリアス」はその名前が示すようにアイルランドの有名格闘家のこれまでの成り上がりを描いた作品となっています。格闘技ファンの方々は必見ですね。

Andrius Petrucenia, CC BY-SA 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0, via Wikimedia Commons

FORMULA:栄光のグランプリ

F1ファンの方々にはこちらはいかがでしょうか「FORMULA:栄光のグランプリ」。こちらはF1の表面だけではなく、裏の世界も見せてくれる興味深いものとなっています。選手個人の内面まで見せてくれます。

マイケル・ジョーダン:ラストダンス

最後にバスケットと言えばこの人「マイケル・ジョーダン:ラストダンス」は必見ですね。彼の人生そのものを映し出した映像になっていますから、バスケファンのみならずとも、彼のことを知っている人であれば興味があるかと思います。

ここまでいかがでしたか。自宅での楽しみの参考になれば幸いです。

Previous post オフィスで簡単にできるエクササイズの紹介
Next post ベストゴルフシューズ4選