December 8, 2021
Trending Tags

今回はコロナのこの状況が少しでも落ち着いて、見通しがついた時に、是非行ってみたい日本国内の美しい場所を紹介したいと思います。もしかしたら、もうすでに皆さんも行かれたことがあるかもしれませんが、是非読んでみてくださいね。

岐阜県 白川郷の合掌造り

はじめは、岐阜県にあります、白川郷の合掌造りの家屋です。こちらは言わずもがな、とても有名な観光地ですね。夏の風景も良いですが、何よりも冬に雪に覆われた景色があまりにも有名です。

山口県 角島大橋

次に紹介するのは、山口県にある角島大橋です。山口県で橋と言えば錦帯橋も有名だと思いますが、こちらはコバルトブルーの海にかかる前兆1,780メールという日本屈指の橋。堪能したいですね。

北海道 雲海テラス

誰しもが雲の上の空間を一度は味わってみたいと思うものですよね。北海道トマムにある雲海テラスがおすすめです。標高が高いこの雲海スポットは気象条件が合えば、素晴らしい景色に出会えます。

Kentaro Ohno, CC BY 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by/2.0, via Wikimedia Commons

北海道 青い池

またも北海道ですが、美瑛には青い池があります。美瑛ブルーとよばれるこの美しさとカラマツのコントラストがたまりません。

青森県 奥入瀬渓流

少し南下しまして、青森県にある奥入瀬渓流はいかがでしょうか。ここは春夏秋冬、季節ごとに本当にそれぞれ異なる良さを出してくれる自然豊かな空間となっています。温泉も近くにありますよ。

長野県 八方池

まだまだ水シリーズが続きますが、長野県安曇野にある八方池もとてもおススメです。天気が良い時には白山三山が池に映って、とても幻想的な風景を感じることが出来ます。

長野県 八ヶ岳

長野県八ヶ岳の北にはたくさんの苔が織りなす森を見ることが出来ます。なんだか神秘的ですよね。そこまで知られていないかと思いますが、ハイキングをしながらでも楽しめますね。

TAKAO_Tsushima, CC BY 4.0 https://creativecommons.org/licenses/by/4.0, via Wikimedia Commons

石川県 白米千枚田

日本人の主食と言えばお米ですね。石川県輪島市には白米千枚田があることでも有名です。その棚田の景色は一年中楽しめますが、何よりも日本海に棚田が面していることから、景色は格別です。

兵庫県 竹田城跡

兵庫県にある竹田城跡もさきほどの雲海シリーズに続いて二つ目の雲海ものです。秋から冬にかけての早朝に訪れると、幻想的な世界が広がっており、一見の価値ありです。

鹿児島県 銀水洞

鹿児島県の中でも沖縄に近い離島、沖永良部島にある、世界屈指の絶景鍾乳洞、銀水洞もおススメです。この世の中で見たことがないような、天然石のプールが皆様を待っています。

いかがでしたか。是非このなかから行けそうなところを選んで、コロナ後の世界に楽しんでみてはどうでしょうか。きっと満足されること間違いなしです。日本もまだまだ見るところがたくさんあるんですね。

Previous post 忙しい方におすすめの運動
Next post 新型コロナウィルスのゴルフへの影響