July 31, 2021
Trending Tags

ゴルフで健康になる4つのヒント

ゴルフは静かに集中しながら、ボールの飛距離とショットの正確性を競うスポーツという印象が強いかもしれません。そしてその通りのスポーツなのですが、だからといって運動量が少ないかというと、そうではないのです。ここでは、ゴルフで健康になる4つのヒントをご紹介します。知っているのと知らないのでは大違い!楽しくゴルフをプレーしながら、美しく健康になっちゃいましょう。 その1 移動は徒歩で ゴルフコースでプレーする場合に限定されますが、ゴルフは一般的によく歩くスポーツです。日本のゴルフ場ですと1ラウンドが約5.7kmとされ、歩くと7,600歩ほどになります。通常、プレーの合間にしゃがんだり位置を確かめたり様々な動きが伴うので、1ラウンドを徒歩で行うと1万歩を達成していることが多いです。ウォーキングで1万歩を達成するには、適度な速度で2時間ほど歩き続ける必要がありますが、ゴルフなら休憩しながら歩くので、思ったより疲れを感じることなく歩くことができるのです。 その2 太陽の光で骨を丈夫に 晴れた日のゴルフって最高ですよね。老若男女問わず楽しめるアウトドアスポーツのゴルフは、実は私たちの身体に欠かせない骨を強くするビタミンDを気軽に接種できるスポーツでもあるのです。そうです、太陽の光を浴びることで、体内にビタミンDが生成され、骨が接種したカルシウムを吸収するサポートをしてくれるのです。太陽の光はたくさんの紫外線B波を含んでいますので、日焼けしたくない方は適度に日焼け対策を行ってゴルフコースに出ましょう! その3 会話で脳を刺激 ゴルフコースに出るにはプレー仲間が必要です。言い換えれば、ゴルフは必然的に人と長く過ごすスポーツになります。新型コロナウイルスによって人との接触が制限され、ステイホームや在宅勤務で仕事面でも同僚やお客さんとの接触が減った人も多いのではないでしょうか。私たちは人と直接会って関わることで、ちょっとしたやり取りでもいいのですが、脳を活性化させているのです。左の脳の前頭前野の一部は「話す」ために進化した部位で、会話することで脳機能が高まります。身体能力だけでなく、脳も刺激を与えることができるゴルフは、安全に健康を助長できる最適なスポーツではないでしょうか。 その4 早寝早起きを習慣に ゴルフに参加する日の朝は早いです。コンペを行うゴルフ場は郊外にあることが多いため、集合時間に合わせて早く起床して家を出ることになります。1日外でプレーした後は、自然と夜の就寝も早くなります。ゴルフが日常生活の一部になることで、週末に寝だめをすることが減り、いかに上手に仕事と趣味の時間&体調管理をして、ストレスなくスムーズにゴルフに行けるように心がけるようになります。不思議とお酒の量も減るようですよ!