October 18, 2021

女性のためのゴルフ最新情報

人々がスポーツについて話すとき、彼らはしばしばサッカー、バスケットボール、またはバレーボールのようないくつかのより世界的に人気のあるスポーツについて話します。 何人の人がこれらのスポーツを見て、ベット365 ボーナスを使って賭けているかを見てください。しかし、これらのスポーツでも、女性アスリートは人々が最初に考えることではありません。 状況はゴルフでも同様でした。ゴルフは男性がビジネス目的で行うスポーツという認識がありましたが、それも平成で終わり!令和では女性も楽しめるゴルフ環境を作っていこうと、さまざまなメディアやゴルフブランドが女性のゴルフを盛り上げています。ここでは、日本女性のためのゴルフ最新情報をご紹介します。ゴルフに興味があるけれどまだ挑戦していない方も、既にプレーしている女性ゴルファーの方も、みなさん要チェックです! 女性専用のゴルフ総合サイトと会員サイト まずは何から始めたら・・とお困りのあなた!最近は女性専用のゴルフウェブサイトやアプリがあることをご存知ですか?なかでも、ゴルフ総合サイトであるCURUCURU(キュルキュル)やRegina(レジーナ)は、ゴルフの基礎から応用まで、幅広い情報を掲載している役に立つサイトです。友達にゴルフに誘われたけれど何を揃えればいいのか分からない、数回打ちっぱなしに行って楽しんだけれどコースに出るのはまだちょっと・・と躊躇している方には特におすすめです。 本屋さんで男性用のゴルフ雑誌を読まなくても、オンラインで女性専用のゴルフにまつわる情報とアドバイスが入手できます!また、CURUCURUが運営するgolco(ゴルコ)は、1人でプレーしたい時など、プレー仲間やゴルフ場選びをお手伝いしてくれる頼りになるコンシェルジュのようなオンライン会員サイトです。会員の9割が女性というのも安心して利用できるポイントですよね。 レディースゴルフウェアも充実 ゴルフはドレスコードが大事なスポーツですが、高価なブランドで揃えるのもよし、お手軽なカジュアルブランドでコードするのもよし、自分の好きなようにアレンジできるのが魅力です。どんな世代でも必ずお気に入りのアイテムが見つかるレディース専用ゴルフウェア通販サイト、VIVID GOLF(ビビゴルフ)は、品揃えが豊富&カテゴリ検索できるので、全身コーデだけでなく、ピンポイントで探しているアイテムも比較しながら自分に合ったものを選べます。できるだけ安く抑えたい方には、ユニクロのスポーツユーティリティウェアがおすすめです。男性のようにゴルフウェアシリーズはないのですが、ポロシャツやスカート、UVカットのメッシュパーカなど、ゴルフプレーに最適なアイテムがたくさん!寒さ対策にレギンスやカーディガンも応用でき、シンプルなデザインが集中力をアップさせてくれそうですよね。 女子プロゴルファーがYouTuberに?! 新型コロナウイルスの影響で、国内外のゴルフトーナメントが延期になっている中、ゴルフを盛り上げるためにプロ選手たちが次々とYouTubeチャンネルを開設しています。本格的なレッスン動画や、選手の練習方法など、今まであまり個別にシェアされなかった情報がYouTubeで楽しめるのです!特に人気の高いチャンネルが、2018年からコツコツとアップロードされている「有村智恵GOLFTV」です。スイング解説やトーナメントの反省など、ゴルフにまつわることに限らず、有村プロお手製の料理を紹介したり、みんゴルとコラボしたりと、バラエティに富んだ内容となっています。ゴルフのプレーに疲れてきたなと感じたら、プロのチャンネルで一息つくのもいいですね。

ゴルフを子どもにすすめる理由

ちょっと昔に、子どもの習い事としてゴルフを選択することがブームになった時代がありましたが、現在はランキングのトップ10に入っていないようです。一体何が起こったのでしょうか?ここでは、ゴルフを子どもにすすめる理由と、よくある懸念事項をご紹介していきます。 親との会話が豊かに 子どもの親がゴルファーまたはゴルフ好きなら特に、ゴルフが共通の趣味となって会話が豊かになります。典型的な親との会話の話題として、学校の様子や勉強のこと、友達とのことなど、子どもが主体となる内容が多いでしょう。しかし、子どもがゴルフを習うと、その日のレッスン内容や練習方法、または親にプレーのアドバイスを聞くなど、ゴルフを中心に会話が進みます。するとどうでしょう、お互い親と子という立場を越えて、1人の人間として会話していることに気が付きます。子どもの自我と健全な成長に大いに役立つでしょう。 責任感が強くなる ゴルフは基本、1人でプレーするスポーツです。子どもがゴルフを学ぶことで、自分でゲームの戦略やミスから立ち直る方法を考え、自分なりのプレー方法を身に着けていきます。どんな時も頼りになるのは自分なので、早いうちから責任感が強くなるでしょう。また、ゴルフの醍醐味である集中力と忍耐力がつくのは言うまでもありません。コースに出たらそこは大人の社会です。マナーや社会学習も自然と身に付きます。種類の多いクラブや複雑なルールも覚えなければなりません。些細な心の動揺やフィジカルコンディションも自分のプレーに響きます。トータルコーディネーション能力が必要とされるので、人1倍、しっかり物になるでしょう。 チームプレーが学べない? ゴルフを子どもにすすめると、チームプレーが学べないのでは?と懸念する親が多いようです。確かに、サッカーやバスケットボール、野球と違って、チームで競い合いません。声をかけあってパスを出したり、協力して守備をしたりと、一緒にプレーすることで得点することもありません。しかし、水泳や器械体操も同じです。チームを組むこともありますが、基本1人プレーです。 ゴルフは賞金がもらえるというイメージからお金目的と見られることもありますが、その分、道具やレッスンへの出費も高めです。しかし、ゴルフで得られることは、表面的なことよりも内面的な成長と充実の方が勝るのです。